今更聞けない!ヘッドライトの汚れの原因とその解決方法!

ヘッドライト洗浄を行う業者様の多くが悩みを持つお車のヘッドライトの汚れ。現在、ヘッドライトの材質は以前までのガラス製ではなく、ポリカーボネートが大半を占めており、この材質が使われるようになったことでメンテナンスが難しくなったと感じた方も少なくないかと思います。

今回はその汚れの原因と、その汚れに対しての解決法をお伝えしていきたいと思います。

 

ヘッドライトの汚れの原因

 

一番多い汚れで皆さんが思い浮かぶのはヘッドライトの黄ばみ、曇りが多いかと思います。

ポリカーボネートは一般的なガラスより250倍以上の耐衝撃性、透明性、耐熱性が優れている為、

ヘッドライトだけでなく航空機のコックピットのキャノピーやスーツケース、スマートフォンなど幅広く使われています。

しかし、そんな高い物性を示すポリカーボネートにも弱点があります。

ポリカーボネートは紫外線に弱く、高温多湿の環境下では加水分解し、引張強度を超える力をかけると白化して透明度が著しく低下してしまいます。

つまり、そこから徐々に落ちにくい頑固な汚れや曇りの原因へと繋がることが考えられます。

特に日本は高温多湿という環境のため、多くのお車のヘッドライトがこの問題で汚れてしまうのです。

 

ヘッドライトの曇りや汚れの解決方法

 

では、これらヘッドライトの汚れに対して有効な手段とは何なのでしょうか。

まずは専用の洗浄液などで綺麗に汚れを取り除くことが基本ですが、無理に磨いたりこすったりしてしまうと、表面に傷がついてしまったり、汚れが中に入ってしまうなど対処できない状態になりかねないので注意が必要です。

専門の業者であればコンパウンドなどの専門用具を使用して細かい所まで除去できます。

あともう一点ポイントとなるのがこの後に行うべき作業の『ヘッドライトコーティング』です。

購入されたばかりのお車のヘッドライトはしっかりコーティングが施されている為、汚れなどはつきにくいのですが、時間が経つとそのコーティングははがれてしまいます。皆さんがせっかく綺麗にしてもまたすぐに元に戻ってしまいます。

それを防ぐために洗浄後にコーティング剤を使い、汚れからヘッドライトを守ってあげることが重要となります。

コーティングによって綺麗なままの状態を長くキープし、メンテナンスの頻度も劇的に抑えることができます。

 

車工房のオススメ

 

車工房ではお車のコーティング作業をメインとし、上記のようなヘッドライトのメンテナンスも行っております。

さらに、作業に使用する洗浄液、保護剤は当社オリジナルの物を使用しておりそれが「ピカまも~る」と言う商品です。

この洗浄液はヘッドライトの頑固な汚れも布にしみこませて軽く拭き取るだけで簡単に汚れが落とすことができます。。

その作業を2、3回繰り返せば、まるで新車のようなヘッドライトの輝きを取り戻せます。

ヘッドライトの洗浄が終われば、最後の仕上げで表面にムラができないように満遍なくコーティングをします。ここまでの作業での所要時間は約10分です。汚れを落とすのみであれば3分でヘッドライトを綺麗にします。今までの洗浄作業では約30分かかってしまっていたところ、ピカまもーるを使うことによって作業時間を10分の1にまで短縮します。

 

車工房からのメッセージ

いかがでしょうか?

ご存知の通り、輝きを取り戻したヘッドライトは見栄えが変わるだけでなく、夜道を照らす光が大幅に変わるため安全に走行して頂けます。

ヘッドライトの洗浄コーティングをもっと効率よくされたい方は是非ピカまもーるをお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA